GNU Screenバージョン4.2がリリースされました

2014年4月17日に待望の GNU Screen の新バージョン 4.2 がリリースされました。

  • [screen-devel] GNU Screen v.4.2.0
    Hello everyone,
    it is my pleasure to announce release of GNU Screen v.4.2.0
    available at http://download.savannah.gnu.org/releases/screen/
    (I will also upload to ftp.gnu.org as soon as my access is authorized)
    Many are probably using it due to their distributions packaging
    development versions, so they know at least some of changes.
    Short list of them:
     * layouts
     * window groups
     * better mouse support
     * vertical split
     * new and expanded commands
    For full list of changes please check Changelog.
    Please note that due to some changes it may be not possible to attach
    to sessions created with older binaries.
    With this I also plan to put v.4 into maintenance mode and start
    developing v.5 with cleaned up source code, new features (some already
    in development tree, currently outside of official repository):
     * 256 color hardstatus
     * truecolor
     * firstline hardstatus
     * top line caption
     and more
    Amadeusz Sławiński
バージョン番号は開発版で長らく使用していた 4.1 ではなく 4.2 に繰り上がっています。

旧バージョン 4.0.x からの変更点については過去にまとめていますのでそちらをご覧下さい。

晴れてリリースされた 4.2 系は screen-v4 ブランチでメンテナンスされています。早くも openSUSE のパッケージメンテナからのパッチがいくつか取り込まれています。

Debian の experimental パッケージが 4.2 向けに更新されています。

それにしても今月メンテナに就任されたばかりの Amadeusz さん仕事速すぎです。独自の改良を施した screen を GitHub でメンテナンスされていますが、アナウンスにもあるとおりそれらは今後バージョン 5 系として Upstream にマージする作業が行われるようです。

hardstatus の 256 色対応や 1 行目表示対応、上部に表示する caption 、24bit カラー対応など、スクリーンショットを見るだけでもわくわくしてきます。

1 年ほど前に d94037c で "Support non-BMP utf8 characters" されましたし、Sixel 画像や DRCS による外字など、端末に画像を表示することで広がる可能性が楽しみです。

引き続きバージョン 5 系のリリースを追いかけようと思います。

0 件のコメント: